いろはにほへと占星術

占星術についてのサイトです。

ホロスコープを読むときはどのサインに天体があるかだけではなく、サインのどの度数に天体があるかまで細かく見ましょう。

たとえ同じサインであっても、前半と後半ではかなり性質が変わります。前半15度においてはそのサインが本来持っている性質が純粋に発揮されるのですが、16度以降においては対抗する位置にあるサインが干渉してくるため、そのサインが本来持っていなかった性質を獲得することになるのです。

牡羊座ってストレートに物を言って、行動的でいつも行動的で走り回ってて~とか、蠍座って仲間といっしょにいるのが好きで依存傾向があってとかいうのは1度から15度までの性格なのです。それ以降、特に16~20度は非常にそのサインらしく無い性格になります。初めの頃の度数は若い度数とも言われていてその名のごとく若々しく純粋だが経験は少なく挫折しがちです。そこから後半になるに連れて老いた度数と呼ばれ、当初の純粋さは無くなってしまったが経験豊かで逞しい性格へと育っていくのです。

そして、さらに26度から30度は次のサインへ移動するための調整期間のようなものであり、これまで興味を持っていた対象からは離れていきます。たとえば天秤座では、初めの頃は人間関係に没頭していましたが次第に興味の対象を、知識や歴史、人類全体へと変えていきます。個人へ目を向けることは1度から25度の間で十分済ませたのでより大きなものが気になるようになったのです。そして、より大きく、深みのある何かを求めようとする意識は蠍座への移動を促していきます。

しかし、一つ一つのサインの間には大きな断絶があり、その移動というのは簡単にできるものではありません。実際、サインの影響というのは次サインの2度まで続きます。1度ではまだ前サインの影響を引きずっているのです。なので、26度~30度ではもうこのサイン飽きて違うことしたいんだけど中々新しい一歩が踏み出せないと行ったようなモヤモヤした気持ちが生まれるでしょう。そうした状況を打開するために様々な行動をするのですが、それはこれまで馴染んでいたものから離れる行為であり、人によっては大変な辛さを味わいます。特に、蠍座30度は涙の度数と呼ばれています。元々愛情深く執着心の強い蠍座が今までの環境から離れようというのですから涙するのも当然なわけです。一つのものに執着し苦しんだ経験が旅する射手座へと導くわけです。

後半の度数はサインの移行期間でもあり、そこには多くの葛藤も含まれているわけですが、2つのサインの性質が混ざりあっていてとても魅力的な性格をしていると思います。うまく活かしていきたいものです。

今回は魚座について書きました。

魚座というのは12サインの総括的なサインであり、人生のまとめのようなサインです。水サインであるので誰彼構わずくっつき、同調する性質があります。柔軟サインなのでよりどりみどりってかんじです。蟹座なら活動サインなのである程度活発に動ける状況、蠍座なら固定サインなのである特定のターゲット相手にしかくっつかないのですが、魚座は柔軟サインなのでターゲットを選ばない。ひたすら周囲の状況に流されます。

しかし、魚座の本質は12サインのまとめ、人生のまとめとして、他者、世界から自分を切り離すことにあります。これが面白いところです。水サインで他者にくっつくのに、他者から分離することが目的。一見矛盾しています。これは実は世界から分離したいんだけど、その方法がわからない、だからとりあえず今くっついてるものから離れよう→次の新しいターゲットにくっつく、という流れなのです。つまり、世界から離れてどこかへ行きたいんだけど(=新しい世界にくっつきたいんだけど)それが失敗して現世を彷徨ってるかんじです。もちろん魚座の関心はちがう世界にあるので、いくらこの世の対象にくっついても満足できず、違うターゲットへ結びつきます。

しかし、これはあくまで魚座の一面に過ぎません。もうひとつの一面があります。それは他者と接触することで何かを学んだり、自分の魂、精神の形について理解することです。その目的は魂の純化をした上での目的の実行にあります。何かを行いたいんだけど、やはりそれを一人ですることはできない。自分にはその能力も、知識もない。そういう場合には他者から学ぶこともあるでしょう。その時、水サイン的にくっつくのです。そして、いずれ離れます。なぜなら魚座の目的は他者から分離した状態で行われるべきことだからです。価値観を他者と共有したままではできない。ひたすら自分のみの価値観、思考で事をなすのです。それが内的な創造力と言われる所以でしょう。他者から隠す=内側に思考を収めることで他者に思考を汚されなくて済む、干渉されずに済むのです。

ただ、魚座って打たれ弱いイメージがありますよね。他者の心理に共感したり、心を労ったりすることが得意なところからもわかるように、優しく過敏なところがあるのです。それに他者から最終的に独立するのが目的といっても本人自体は人懐っこい。愛情豊かです。魚座の月と金星は特に。これはおそらく、本人自体求めているものがわかっていないからなのだと思います。魚座の最終的なターゲットってスピリチュアルとかこの世ではない面にあります。しかし、まだそれを自覚していない段階では、その魚座的衝動を現世のものや人物に対して求める。だから、人懐っこく、共感的になるのではないでしょうか。そして、しかし本来求めているものでないがゆえに別れるのです。あるいは、この世への未練を断ち切るために、何かに愛情を持ち、そして失望することを繰り返しているのかもしれない。ひたすら柔軟サイン的になにかにひっつき失望することを繰り返すことで、この世への未練を断ち切っているのかもしれない。なぜなら、魚座が求めているあちらの世界へ行くには、現世に未練や後悔があってはならないからです。その想いは足かせとなってこの世界に自身を縛り付ける。なので、自分でも気づかぬうちに、この世の執着を断ち切る作業をしているのかもしれません。

もちろん、ハーモニックで出てくるケースとか、ハウスとしての魚座とかもあるので、単純にそうとだけ捉えるのもよくないんですけどね。魚座には複雑性があります。それは12サインの総括サインなので、あらゆる思考が混ざってるからでしょうね。で、人によってそこから何を引き出すかが異なっている。なので魚座の意味に多重性が生まれているんではないでしょうか。となると、魚座というのは一つのサインに他の11サインを混ぜ込んだものと見るといいかもしれないです。水は感情であり、魂、過去、形なきものの集合であるわけだから11サインの思い出が流れ着く場所と考えるにはふさわしい場所だと思います。

あるいは、より上位にある魂からホロスコープが対象とする次元の魂への干渉口なのかもしれません。冥王星を春分点と見る考えがありますよね。そして魚座のルーラーは海王星です。となると、春分点から流れ出たものが魚座に流れ出してるのかもしれない。いわざ魚座イコール春分点から持ち込まれた思考・感情のたまり場です。で、春分点の先ってこちらより抽象的な世界ですし、そもそもこちらの世界で適応する記号が中々ないので、うまく形が与えられないんですよ。だから、魚座って水サインなんじゃないですか。で、柔軟サインであっちこっちにくっつき、離れてるのは春分点からやってきたものに合ってる形のものがなくて右往左往してる。そんなことを思いました。


というわけで魚座とは、何かにくっつく水サインの性質を持ちながらも、そこから独立していく性質を持った不思議なサインといえます。しかも、単純にスピリチュアルや異世界を志向するだけではない、ホロスコープ全体の思考・感情の終着点としての意味も持っています。そして逆に、春分点から持ち込まれた情報の出入り口にもなってます。

はじめは、魚座の他者への共感や、そこから独立していく面白さについて書こうと思っていたんですが、書いてるうちにどんどん違うことを書き始めました。おそらくこれは、魚座の、12サインの総括的な性質、春分点から情報が流れ込んでくる性質によるものでしょう。どっちかっていうと、魚座から春分点に対して情報が飛び出していく=魚座30度、と考えられがちですが、私はそれだけではないと思ってます。春分点からホロスコープに対して情報が侵入してきて、その出入り口が魚座になってるケースがあると感じています。ルーラーですが、海王星は夢見であり、海王星が聴いてる人は夢想的なことに囚われがちじゃないですか。夢を見ているというより、夢を見させられてますよね。あれって、上位のものから情報が侵入してきて、それに意識が飲み込まれている状態だと思うんです。チャネラーさん的なの。この辺りも魚座のややこしい部分ですね。


今回は魚座の金星についての記事です。

魚座っていうと水サインで、そこにある金星というのはとても繊細で美しいイメージを持っていますよね。これについて見ていきましょう。

□□□

魚座という面から金星について考察してみましょう。まず、水サインですので情緒的なものを尊びます。感情大好きです。誰かにひっつきたがります。ただそれは人だけではありません。というのは、魚座というのはもはや形を失いつつある思考をしているサインで、それが捉えている対象は様々です。人、物質、非物質、過去、未来。水サインなのでどっちかっていうと過去が好きですが、あまり時間にはこだわらないサインです。過去と未来が等価といいますか、時間から切り離されてる感があります。

で、そうした不思議なサインの金星なので、何を好むかは人それぞれです。何を好むか、その対象にはその人の魂の嗜好が反映されてるかもしれませんね。水星の記事でも話したように魚座というのは社会的価値観、常識から切り離されたところで物事を考え、感じるサインです。なので、愛情の持ち方、快楽の感じ方が独特なところがあります。不道徳な方面に走ることもあります。本人としては別に不道徳だから燃えるってわけでもなく、ただあまり道徳性に価値を置いてないんですね。本人が気づいてるかどうかはわかりませんが。そもそも水サインは感情重視なので、理屈や社会性は二の次なところがあります。そういうのを気にするのは土と風でしょう。というわけで、魚座の金星としては色んなものを好みます。対象は人それぞれ。

ここで気をつけて置きたいのは魚座が柔軟サインであるということです。すなわち興味が拡散します。水サインであるということを考慮すると、あるものにひっつき、そしてまた離れるということです。あるものが異性であるならば、いろんな異性と出会い、別れ、また違う異性にひっつきたがるということです。感情を尊び、誰かとひっつきたい水サインなのに不思議なことです。これがずっと同じ相手といっしょにいたいなら、それは蠍座になります。

まぁ、そんなわけですから、恋愛の対象は豊富になりがちです。魚座の不道徳性というのもそこに反映されてます。一人の相手との関係を長続きさせるのはあまり得意ではありません。気配りや、相手の心象を伺う能力は高いのですが。。

そんなかんじで恋愛には積極的な感があるように見えますが、魚座といえば女性サインなので奥手です。攻めるタイプではない。つまり相手に求められる側ということです。柔軟サインの拡散性を考慮すると、異性への魅力があちらこちらに飛び交っている。つまり隙が多い人です。魚座ってか弱いイメージがあるでしょう。儚げで、頼りなく、誰かが守ってあげたくなるような。そういう魅力があるんです。同性からはあまり好まれないかもしれません。奥手で、しかも相手を取っ替え引っ替えしますし。

そんな魚座が一人の相手と長続きするとなると、やはり相手が同じくらい柔軟性のある人で、常に新しい面を見せてくれるような人でしょうか。一人の人間に色んな人間が宿ってるような。どんな人だろ。。

で、色んな相手と付き合うのを好むとなると、メンタルが強いように見えるじゃないですか。強いから別れられるのだと。蠍座なんかはそこをすごく嫌いそうです。同じエレメントのサインは120度の関係で仲がいいと言われてますが、私はむしろ付き合うことはできるけど、すごく仲良くなることはないと思ってます。同族嫌悪といいますか、似ているがゆえに、ちょっとの違いが許せなくなるといいますか。少しの違いにこだわる、微差にこそ価値があると考える人はいるでしょう。まさに譲れない「一線」というものがある。その一線が三区分に現れるんじゃないかって思ってるんです。

脱線した。つまり、魚座金星って相手と別れることになるけど、かといって別れが辛くないというわけではないということです。魚座って繊細なサインですから。感受性とか12サイン一ですよ。ものすごく敏感で社会生活が難しくなることもあるくらい。そんな人間が相手と別れるのです。ものすごく辛い。

では、なぜ相手と別れるのでしょうか。別れなければ、苦しむことはないのに。ここが不思議な部分なんですが、おそらく魚座金星はいなくなってしまった相手を好んでる。別れ、過去のものになってしまった存在を。思い出って美化されるっていうじゃないですか。あれです。

12ハウスは魚座と類似した機能を持つんですが、その象意の一つに聖化されたイメージというものがあります。聖なるもの。その人にとっての美しさ。この世にはない理想です。

ある人と付き合い別れ、それが失われることで恋人は理想の恋人へと変貌するのではないでしょうか。現実の相手と付き合うとやはり相手のだめな部分とか見えてくるんですよ。人間だし、それは仕方ない。でも、魚座金星はたぶんそういうのが嫌いなんです。ものすごく感受性鋭いサインだし、美的感覚もあるサインだし。芸術への理解なんかもあるんですよ。だから、余計に実際の相手への要求が高くなるんじゃないかな。そう、つまり魚座金星は異性への要求が高すぎる。結果、それを満たせる相手がいなくて、愛情は虚空の彼方へと消えていきます。本人は愛情豊かで誰かを愛したい人なのにね。

相手の心理には敏感で、気配りができ、愛情豊かで誰かと同化することを求めるが、本当にいっしょにいたい相手はこの世にはいない。そういう金星だと思います。

で、この金星の欲求を満たすのって中々難しいです。常にいろんな相手と恋愛するくらいでしょうか。あるいはそもそも実際の人間相手に恋愛しなければいいかもしれません。ドラマの登場人物とか、芸術作品に描かれてる人物なんか良いかもしれない。存在しないというところが魚座の好みにぴったりです。ドラマとか12話くらいで終わるじゃないですか。あれって存在の消失となり、思い出となるわけですから、そこが魚座的だなと思います。

ただ、存在しないからという理由だけでは愛せないと思うんです。何か理由が必要。実際の異性相手だって何か好むものがあったから付き合うことになったわけですからね。最後は別れるけど。何を好んで付き合ったのでしょうか。別れるという現象よりもむしろ、そっちのほうが気になります。そもそも、魚座金星は異性への要求のハードルが高いです。奥手で恋愛に積極的に動くタイプでもない。では、なぜ付き合おうと思ったのか。異性への要求が高く、本人のニーズを満たすものが中々ないというのに。しかも、魚座なので社会的価値観は蒸発してます。社会的なスペックとか金銭面とかあまり気にしない。おそらくそこに重要な面があると思っています。

魚座って面を重視すると、魂が求めるような何かを相手に感じてるんだと思うんですよね。火星でしょうか?本人が水エレメント的なら火星は使いづらいでしょうし。何か学びたいのかもしれない。もしそうならばですが、根本的にホロスコープの天体はすべて自分で使わないと満足することはないので、もう少し積極的に自分の天体を使ってみればいかがかなと思います。人に求めるのもいいですが、別れるのは辛いですし。。

芸術面への才能としては大変魅力的だと思います。形なき聖化されたイメージを直感的に感じ取る。それは自分のものもそうだし、芸術作品の作者のものもなんとなく察してしまうわけでしょう。水エレメントの得意分野だ。これをもしほかの天体と協力して使えるならば、自身の魚座的感受性で捉えたイメージを、風や地にゆだねて作品にするものもできる。聖なるものの実体化です。詩人はそういうタイプ多いですよね。ぜひ、活用してほしい才能だと思う。





↑このページのトップヘ